So-net無料ブログ作成

長期断酒者がスリップする2つの理由とは? [断酒]

4e986d4935a65b79d2dad6a3c8db77be_s.jpg

長年、断酒していても飲んでしまうことがある

スリップだ

残念なことだが、長期間、酒を止めていても

飲んでしまうこともあるのだ

2つのパターン

長期間、断酒していて
スリップした仲間を実際に知っている

大まかに分けると、2つのパターンに分類されるようだ

感情的な理由で飲むパターン

実験的な理由で飲むパターン

実際には、この2つしか知らないが
他にも理由はあるかもしれない

「感情的な理由で飲むパターン」

この理由で飲む仲間は、問題に直面して
「自暴自棄」の状態になり、酒に走っている

爆発する感情をどうすることもできず、
「もう、飲んじゃえ!」っという感覚で飲んだそうだ

これを聴いたときは心底、同情した

自分なら、どうするだろうか?と自問もした

あらゆる問題は、
酒を飲んでも何の解決にもならない

これは、言うまでもないことだろう

しかし、長年の飲酒の習慣が
辛い時、悲しい時に
気分を紛らせた記憶を蘇らすのであろう

ネガティヴな感情が著しいときに
飲酒欲求が強烈になるらしいのだ

その感情の波に抗えず、飲酒してしまう

これは「事故」といえるのかも知れない

激烈な感情が襲ってきたら、どうなるか
どのような行動をするかは事前には分からない

しかし、私は事前に対策をとろうと考えた

このブログで何度も書いているが
とにかく、どんなことがあっても

「飲まない!」と決めたのだ

理由は問わない
とにかく「飲まない!」

どんなことがあっても
「飲まない!」、そう決めた

その結果、断酒に対して
ハラがよりいっそう据わった感覚を覚えた

そして、感情の波に襲われたらどうしよう?
という不安も消えた

どんな事もそうだが、結局は自分次第なのだ

実験的な理由で飲むパターン

実験的な理由で飲酒する仲間は、
どうやら多いようだ

感情的な理由でスリップする仲間は
だいたい、1日で酒が止まる事が多い

しかし実験的な理由で飲む仲間は
「再飲酒できるかも?」と考えて飲む

だから、一定期間飲むようだ

経験した仲間によると、最初は
緊張感を持って、「ビビり」ながら飲むそうだ

しかし、以前の習慣に戻るのに
時間はかからないそうだ

気がつけば、元の木阿弥

そして、調子良く飲むことが一定期間はできる

その後、カラダの不調で
飲むことができなくなるので飲酒を止める

しばらくして、調子が戻り、再び酒に走る

連続して飲む、また休むを繰り返す
この飲酒パターンを「山型飲酒」という

この飲酒パターンのワナにはまってしまうのだ

実験的な理由で飲み始めても
やはり、まともには飲めないのだ、と分かる

長年、断酒してても再び飲酒のコントロールを
取り戻すことは絶対に出来ない

この事実だけは、決して忘れないようにしたい

今日も1日断酒で

いい1日を!

↓↓ありがとうございます!いつも「ポチ」って押していただきまして!↓↓
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村


アナタにとって酒はどのような存在? [断酒]

3e00ba2062ae71e60142df15cc862829_s.jpg

酒と自分の関係

自分は酒をどのように感じているか

また、どのような存在と捉えているのか

人によって、全く違う答えが出てくるだろう

酒をキライになることを考えた結果

真剣に断酒を続けようと決意しているなら
酒と自分の関係を「観る」ことは
非常に重要だと思う

「絶対に酒を飲めない現実」

そのことを私は、自分の体験と
専門外来での教育で理解した

「絶対に一生飲酒を楽しむ事はできない」

つまり、どうあがいても
酒の世界には「浸れない」ということだ

私は、酒が自分とは無関係の
存在になったのだと認識した

そして、私は無関係になった事実を
完全にするために、酒を嫌いになる試みをした

潜在意識に断酒をたたきこめ!

というタイトルで記事にしたことがある

この方法を毎日行なっていたら
スーパーの酒のコーナーへ行くと
イヤな気持ちになり、寒気を感じて来るようになった

その変化に気づいた時
どのような事でも、習慣化すれば
こんなにも変化するのだと、大いに驚いた

考えてみれば、再飲酒を防ぐために
かなり強引に自分を洗脳していたことになる

それだけ、私の酒害はヒドかったのだ

全身全霊で、断酒に取組んでいたように思う
だから自分で考えられる、あらゆる手段を講じた

その結果、考えた一つの方法が上記のブログ記事

酒を心底「キライ」になりたければ
推奨する手段である

現在の心境

今は、スーパーの酒のコーナーへ行っても
あまり何も感じなくなっている

少し寒気を感じるので、
上記の方法の残滓があるということだろう

今、私は酒に関しては、好きでも嫌いでもない

無関係なので、「無関心」といったところだ

「酒に関して無関心」

この状態は、非常にありがたいと感じる
ムリにそう感じようとしているワケではない

自然と関心が無くなっているのだ

酒をキライになる意識的な努力の結果か
あるいは時間の経過に伴う感情の変化なのか

それは、自分でも良く分からない

しかし、現在の心の状態が非常に気に入っている

飲酒に対する「コダワリ」が残っていたら
この状態になるのは難しいと思う

重要な事は、心の底から
「酒を手放す」ことにあると思う

酒と自分の関係を「観る」
どう感じているかを、ただ「観る」

どんな事が「観え」ても自分を責めてはならないと思う

「観た」結果、どのような手段を講じるか
これが一番大事なことだと思う

人、それぞれ対策と行動は違うだろう

自分にピッタリな「オーダーメイド」の断酒の方法

それは自分で見つけるしかないのだ

今日も1日断酒で

いい1日を!

↓↓ありがとうございます!いつも「ポチ」って押していただきまして!↓↓
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村


断酒も節目を祝う事は大切! [断酒]

862dcb8479115e536e8d19399d47c7b9_s.jpg

私が通院していたアルコール専門外来では

断酒の節目を祝う行事が行なわれている

断酒を開始して間もない頃は、この行事が励みになった

断酒の節目を味わう

私が通っていた専門外来では、
断酒の節目を祝う行事を毎月行なっている

酒を止め始めの頃は、特に頻繁に祝う

1、3、6ヶ月の次は1年で、
1年を迎えた後は1年ごとに
お祝いの表彰状を頂けるのだ

断酒は始めの頃が一番大変だ

だから最初の半年以内に
表彰が集中しているのも深く納得できる

私は、断酒2年の表彰状は頂いたが
3年の表彰状は頂いていない

用事があってなかなかタイミングが合わないのだ

しかし、表彰状を頂くのは嬉しいが
少し頂くことをためらう自分もいる

なんだか、表彰状を頂くことも
「囚われ」の一つなのでは?

そのように感じられるからだ

断酒3年の実感を、
仲間に話すのは楽しいとは思う

現役のアル中だから話せることも多い

しかし表彰状への「コダワリ」「囚われ」
これも何だか別種の依存のような気もする

だから、3年の表彰を受けるかどうか思案中だ・・・

表彰の話に戻るが、
最初の半年までの表彰の事は良く覚えていない

断酒1年の表彰をされたときが一番印象に残っている

その日は私の誕生日でもあったのだ
だから、特別な日が二つ重なった訳だ

何を話したかは良く覚えていないが
誕生日であることに絡めた話をした記憶がある

そして、断酒1年を達成した、
しみじみとした喜びがあった

今でもその感覚は良く覚えている

ホッとしたと同時に
「やった!」という思いが混じった感情だった

そして、これからも断酒を続けられる!と
確かな手ごたえと自信が生まれた

断酒を開始した日は特別

断酒開始日は、特別な日だ

酒と完全に別れ、
新しい生き方を選んだ日なのである

だから、断酒を始めた日は
決して忘れることはないだろう

多分、全ての断酒仲間が
自分の断酒記念日を覚えているはずだ

そして、その日を意識して断酒に励むことは
断酒を始めて間もない頃は特に重要だと思う

一日一日、酒のない生活を過ごす

最初はとまどうことも多いが
だんだんと酒の無い生活が快適になってくる

体調の不良や、心の不安もやってくる

離脱症状だ

しかし、確実に心身ともに良くなってくるのを感じる

そして、断酒半年が過ぎたら随分とラクになってくる

断酒1年を迎える頃には酒の無い生活が
ほとんど当たり前に感じるようになる

そして、一年の節目を迎えると
先に述べたように、特別な感情を味わうこともできるのだ

「何が何でも一年を乗り越えてください!」

外来のワーカーさんが何度もこう話すのも良く分かる

断酒一年は特別なことなのである

大事なことは、この一年間
酒を1滴も飲まない、という事だ

そのことで、大きな自信が生まれるのだ

断酒一年を迎えていない方は
ぜひとも、がんばっていただきたい

断酒一年が、大きな喜びであることは
全ての断酒仲間が語ることだ

そして、断酒の日を重ねれば、
さらに味わいが深まってくる

飲まない日々の平穏さが
本当に素晴らしい、と
しみじみと感じるのだ

だから、今、飲めなくて辛くても
絶対に喜びの日がくることを期待して欲しい

断酒の未来は明るい!

それだけは断言できる

今日も1日断酒で

いい1日を!

↓↓ありがとうございます!いつも「ポチ」って押していただきまして!↓↓
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村


アル中は「進行性の病」の誤解! [断酒]

b903b58339371cb0b75247cf2f0b5cb2_s.jpg

アルコール依存症は「進行性の病」だ

誰でも、急にアル中になるわけではない

酒との関わりが深まって行く段階を経て、アル中になるのだ

アル中の進行プロセス

アルコール依存症の進行について
非常に分かりやすく解説している
サイトがあるので紹介しよう


アルコール依存症の進行プロセス

アルコール依存症は飲んだその日に
発症することはありません。

習慣的に飲酒しているうちに、
いつしか進行していく病気です。


どの段階からも回復は可能ですが、
早期に治療すれば回復も容易です。

また、多くの酒飲みが
依存症との境界線にいます。

この段階なら、飲み方を変えて
Uターンすることが可能です。


スタート地点 習慣飲酒が始まる。

機会あるごとに飲む。

酒に強くなり(耐性の形成)、
酒量が増加する。

気分の高揚を求めて飲む。


依存症との境界線 精神依存の形成

ほとんど毎日飲む。

酒がないと物足りなく感じる。

緊張をほぐすのに酒を必要とする。

酒量が増え、ほろ酔い程度では飲んだ気がしない。

ブラックアウト(記憶の欠落)が起きる。

生活の中で、飲むことが次第に優先になる。


依存症初期 身体依存の形成

酒が切れてくると、寝汗・微熱・悪寒・下痢・不眠などの

軽い離脱症状が出現し始めるが、

自覚しないことが多い(風邪や体調不良と思う)。

飲む時間が待ちきれず、おちつかない。イライラする。

健康診断で酒量を少なめに申告する。

家族が酒をひかえるよう注意し始める。

酒が原因の問題(病気やケガ、遅刻や欠勤、

不注意や判断ミス、飲酒運転検挙など)が起きはじめ、節酒を試みる。


依存症中期 トラブルが表面化

二日酔いの朝の軽い手のふるえや恐怖感など、

酒が切れると出る離脱症状を治すために、

迎え酒をするようになる。

酒が原因の問題(病気やケガ、遅刻や欠勤、

不注意や判断ミス、飲酒運転での検挙など)が繰り返される。

家庭内のトラブルが多くなる。

自分の酒に後ろめたさを感じ、攻撃的になる。

飲むためにウソをついたり隠れ飲みをしたりする。

職場では、上司からの注意・警告が始まる。


依存症後期 人生の破綻

コントロールしてうまく飲もうとするが、失敗する。

一人酒を好むようになる。

食事をきちんととらない。

アルコールが切れると

うつ状態や不安におそわれるため、

自分を保つために飲まざるをえない。

連続飲酒発作、幻覚(離脱症状)、

肝臓その他の疾患の悪化により、

仕事や日常生活が困難になる。

家族や仕事、社会的信用を失い、

最後は死に至る。

出典:ASK 特定非営利活動法人アスクHPより http://www.ask.or.jp/shinkoprocess.html


非常に分かりやすく
良くまとめられているように思う

みなさんは、どの段階にいるのだろう

あるいは、どの段階まで進行しただろう

ちなみに私は、「依存症後期」まで進行した(笑)

一人で飲む事を好んでいたし
連続飲酒であり、幻覚もあった

いまでは笑い事で済ますことができるが
本当にあのまま飲んでいたら
確実に早死にしていたと思う

そのことは確信を持って断言できる

人間は死期を感じる事ができるのだ

私は飲んでいて、「このままだったら死ぬなぁ・・・」
そのようにハッキリと感じた

進行性の意味の誤解

このように、アルコール依存症は
進行性の病であることは事実だ

しかし、進行性は
「酒を飲む限り」という前提がつく

あくまでも進行し続けるのは
飲酒を続ける場合だけだ

酒を飲み続けると、心身ともに衰弱して
やがては早い死を迎えることになる

しかし、酒を完全に止めると、
当然ながら進行を止めることができる

この点、ハッキリと「進行が止まる」と
言い切る医師は少ないように思う

私が知る限り、進行は止まると
断言した医師は一人だけだ

酒を止めることで
脳の海馬が回復をする事例があることを
専門外来の教育プログラムの講義で聴いたのだ

だから、「進行性の病」といっても
酒を止めれば何の問題も無いのだ

だから、安心して頂きたいものだ

そして、現役のアル中である
自分の経験でも、「進行は止まる!」と断言できる

カラダの方は筋トレのおかげで
かなりのマッチョ体型になった

これで、カラダの方は
いい方に進化できる、と証明できるだろう

脳の方も、飲んでいた時に比べて
判断力が冴えている感覚がある

記憶の方も衰えるどころか
より良くなっているのを感じる

AAのイングリッシュミーティングに
参加するために、かなりの英単語を覚えたが
覚えた単語は今も記憶に定着している

なので、脳の方も進化している事が実感できている

酒を止めることで、人生は良化する

あらゆる面でそうだ

そのことは自分の経験から断言できる!

やはり断酒は素晴らしいのだ

「断酒は裏切らない」のだ!

だから、今日も1日断酒で

いい1日を!

↓↓ありがとうございます!いつも「ポチ」って押していただきまして!↓↓
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村


空白の時間の過ごし方! [コラム]

2e262737132463064e519b9ed10b3db6_s.jpg

アルコール依存症専門外来に通院していた時

教育系プログラムでは、しばしば「空白の時間を作らない」

そのことが強く主張されていた

酒を止めると飲んでた時間がそのまま「空白」になる

空白の時間がヤバい理由

かつては、ヒマがあると飲んでいた

空白の時間があると、その間、
何をしていいいのか分からない

酒を飲んでいた時には、
ヒマがあれば飲んでいた

だから、断酒開始の初期は
「空白の時間」が問題視されるのだ

酒を止めると、実際に自由な時間が増える

いや、飲んでいた時代も
自由に使える時間はあったはずだが
酩酊に身を任せる時間に多くを費やしていたのだ

今から思い返しても
ムダな時間を浪費したように思う

多くの時間のみならずお金と健康も害した

楽しい想い出もあることはある

しかし、別に酒が無くても良かったようにも思う

酒は楽しさを倍増させる「ブースター」のようなモノで
確かに楽しかったとは思う

しかし、単純に「ラリってる」だけの事だ

酒を飲んでいて楽しかった思い出は
冷静に見つめてみると、酒が無くても楽しかったはずだ

少なくとも私の場合はそうだ

美しい思い出は、酒とセットになって記憶されているが
酒を抜いてもその記憶は美しいままに残るはずだ

酒は一つの象徴的な存在でしかないように思える

空白の時間の過ごし方

「空白の時間」に戻る

この時間の過ごし方で、
断酒が快適になるかどうかが分かれるように思う

「自助Gへ行きましょう!」

専門外来では、このことを
何度も、何度も、何度も(笑)繰り返して言う

自助Gについては2年半以上通った経験があるので
一定の効果はあると思う

仲間の体験談を聴くことで、
自分を冷静に見つめることができる

仲間の体験談を聴いていると様々な感情が喚起される

同意もあれば批判的になることもある

自分の心の内面にいろんな感情が波打つが
そのことで見えてくる世界があるのだ

断酒して、「空白の時間」が多くて困ってる方は
AAか断酒会に行ってみることをオススメする

集うメンバーによって雰囲気が全然違うので
いろんな会場を見ることが大事だ

1箇所行って、「合わない」と感じても
他の会場で気が合う仲間に出会えるかもしれない

私は、AAへ通っていたが今は「休学」している

行かなくなった理由はいろいろとあるが
一言でまとめると
「自分のいるべき場所ではない」と
ハッキリと分かったからだ

「一人の断酒の方が合う!」と分かった

しかし、現在は一人断酒では無い

こうしてブログを書くことを通して
多くの仲間と出会え、断酒に対する思いを
分かち合うことができている

インターネットの発達のおかげだ

空白の時間をどのように過ごすか?

自助Gに通うも良し、ブログを書くも良し
熱中できる趣味に打ち込むのも良いだろう

空白の時間「ほったらかし」はマズいと思う

何でもいいから、
気分が豊かになる時間を過ごすことが一番だと思う

今日も1日断酒で

いい1日を!

↓↓ありがとうございます!いつも「ポチ」って押していただきまして!↓↓
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村


意識の切り替えの大切さ! [断酒]

000a49af85dc5e2d60b5c9b49ef537c6_s.jpg

断酒して、今日で1200日を迎えることができた

約、3年と3ヶ月以上も酒と離れて生活していることになる

普段、生活していて酒を意識することは、ほとんど無い

きわめて順調な断酒生活を送っているように思う

断酒開始の頃に工夫していたこと

振り返ってみれば、断酒開始の頃から
意識的に行なってきたことがある

それは、「意識の切り替え」だ

酒に関する「妄想」が湧き上がって来たら
即座に他のことに考えや注意を振り向けるのだ

「反応しない練習」を読む前から
雑念を取り払う工夫を自分なりにしてきたと思う

断酒開始の頃は、とにかく不安だった

テレビで酒やビールのCMが流れたら
チャンネルを変えていた

スーパーの酒のコーナーも意識して避けていた

それから、焼き鳥屋、焼肉屋の近くは
通らないようにしていた

ひたすら徹底して、酒に関する情報を
シャットアウトしていたのだ

それは、効果があるかどうかは分からない
しかし、自分なりの工夫であった

酒を考えてから発生しうる連想として
例えば、夏の暑い日に街中を歩くとしよう

汗が噴き出し、ノドがからからに渇いた状態
そんなときにビールのポスターに出くわす

こんな連想が出てくるのではないか?

「キンキンに冷えたジョッキに
キメ細かい泡立ちのビール

からからのノドにキンキンのビールを
流し込んだら、さぞウマいことだろうなぁーー

アテにはやっぱり、焼き鳥だな・・・」

この手の連想をほったらかしにしていると
本当に飲酒欲求が出てくる危険性がある

無意識の内に、切り替える

現在は酒に関する「妄想」はほとんど浮かんでこない

酒を飲みたい、という気持ちが無いからなのか
どうでも良いと思っているからなのか

とにかく、酒の事は本当に意識しなくなっている

最近、酒に関して危なそうな「妄想」が来たら
無意識の内に、他の事に意識を振り向けていることに気づいた

ほとんど、自動的な反応に近いと言ってもいいだろう
瞬間で、妄想を「切って捨てる」感じになっている

これは何も特別な事では無く、単なる習慣だろう
断酒も3年以上経過すれば、誰でもそんな風になるのではないか?

自分がアル中であることを忘れて
「ひょっとしたら飲めるかもしれない・・・」

しかし、こんな妄想は、この病気に対する
正しい理解があれば出てこないだろう

何度も何度も何度も(笑)繰り返しているが
この病気の克服には正確な知識が「必須」だ

絶対に一生、節酒はできないのだ!

この事実だけは絶対に忘れないようにしたい

今日も1日断酒で

いい1日を!

↓↓ありがとうございます!いつも「ポチ」って押していただきまして!↓↓
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村


酒の妄想は脳内ノイズ? [コラム]

4695b9dbeb26039de279add438700209_s.jpg

酒の事など考えたくもないのに

勝手に酒の事、酒に関するイメージが沸いてくる

そんな経験は誰しも経験したことがあるだろう

別に酒に関することばかりでは無い

いい事も、イヤな事も浮かんでくる

これは、一体、どのようなメカニズムによるものであろうか・・・

人間の思考は一日に10万回?

人は、目が覚めてから起きている間は
何らかの事を考えている

無意識の内にいろんな事を次から次と
「考えさせられている」状態とも言える

これは、「脳の仕組み」であるようだ
考えたくもないのに、勝手に考えが浮かぶ

「脳のノイズ」と言ってもいいだろう

美しい思い出なら、いい気分にも浸れるからよい

しかし、イヤな思い出はカンベンして欲しい
どうにかならないものだろうか?

脳が一日にどれ位のことを考えるのかについて
カンタンにまとめている文章を紹介したい

脳の思考「1日10万回」
1日に3万?9万回とも言われています。

無意識の回数をカウントするのか、その科学的な根拠はわかりませんが、
いずれにしても無意識で相当の数の思考をしていることだけは間違いありません。

出典:NAVERまとめ https://matome.naver.jp/odai/2139200392007594301


「今日のランチは何を食べよう?・・・

あそこの○○は、めっちゃ美味しいんだよなぁ・・・

よっしゃ、今日は○○を食べよう!・・・

あーー、そうだ、アノ仕事は今日中にやらないとマズい・・・

ランチは、止めだなーー残念!

コンビニでおにぎりでも買うか・・・」

こんな感じで妄想が妄想を呼び、いろんな考えが
連想ゲームのように展開される

こんな経験は誰でも毎日しているだろう

酒の妄想が浮かんだとき

飲酒欲求は、突然出てくるモノだが
多くの場合、妄想がキッカケではなかろうか

いろんな事の連想の間に、
酒が関係した妄想が生まれる

酒のイメージだったり、味わいだったり
ニオイだったり、の妄想が生まれ
その妄想を膨らませた結果、
強烈な欲求となるのではないか

そして、その結果、飲酒欲求と
飲酒願望が出てくるように思う

それでは、この妄想が出ていたときに
どうすればいいのだろうか?

「反応しない練習」という本がある



この本の中に具体的な対処方法が書かれている
これは良書なので、読んでソンは無い本だと思う

カンタンに一例を紹介すると、考えが浮かんだ瞬間に
その考えを「観る」といいのだ

「あー、今、○○で悩んでいる自分がいるな」

現在の感情を「観る」だけで
ずいぶんと気持ちが落ち着くモノだ

あるいは、考えていることが妄想に過ぎないので
アタマの中で「妄想!妄想!妄想!」と叫ぶことも有効だ

上記の2つは経験済みだが、効果は満点だ

このブログを読んだ後、ムダな考えが浮かんだら
さっそく試して見て頂きたい

酒の妄想は、断酒をする者にとっては
いつでもキケンな可能性を生み出す元だ

小さな火種で大きな火事が生まれることもあるのだ

酒についても同様だと思う

今日も1日断酒で

いい1日を!

↓↓ありがとうございます!いつも「ポチ」って押していただきまして!↓↓
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村



気づいた時が、酒の止め時! [断酒]

74d202557affdc02cc3dfcc45dd39881_s.jpg

誰もが、突然にアル中になるわけではない

飲み始めから、記憶を失うくらいに飲んだことがある

そんな人はごくごく、少数だろう

アル中になるには時間がかかるモノなのだ

酒の量が増えてきた結果

酒に対する耐性によって、
だんだん酒の量が増えてくる

この、酒に強くなるという実感は
飲める方なら誰でも感じたことがあるだろう

酒の量がだんだんと増えていき
通常の酒量では満足できなくなってくる

そして、常に酒に酔っていないと
気が済まないようになってくる

朝、起きたら仕事の前に「一杯ひっかける」
そんな方もいるだろう、かつての私はそうだった(笑)

気がつけば、生活の中心が酒になっているのだ

どんなことがあっても、無くても
とりあえず、酒

「酒が無い人生など考えられない」

酒が人生の中心になった者は、
そう考えるようになる

「酒こそが大切で、飲むから人生が味わえる」

価値観の中心が酒だ
こうなると、酒無しの生活など考えられない

だから、断酒など、絶対にできないと思っているし
考えようともしない

一生、酒が飲めないなど受け入れられない

だから、自分がアル中であることを
絶対に認めたくない

否認が生まれるのは、そんな理由であろう

しかし、酒を適度に飲むことができない現実に
だんだんと気がついてくる

もうダメだな、と気づく時

私は、ひどい「底付き」を経験した

絶対に飲めない!と心底分かったのだ

その経験があったから、
本気で酒を止めようと決意した

その決意があったので、酒を完全に
断ち切ることが出来ているのだと思う

しかし、底付きは出来れば避けた方が良いと思う
あんな経験は誰にもススメられない

「もう酒はダメかも、ヤバいかも・・・」

そんな気づきを感じたことがある方は多いだろう

もし、そんな感覚が来たら
そこで、キッパリと断酒すべきだ

「ヤバい」と感じている時点で
アル中はかなり進行していると考えて良い

自分の人生にとって何が一番大切なのか?

このことを良く考えてみれば
酒を飲んで早く死ぬことが大切、
と言う方は、まずいないだろう

自分の人生を大切にしたいと思うなら
酒は飲まない方がいいのだ

本当に、適度に酒を切り上げる事ができる方は別だが

気付きという直感は、おそらく
生存本能から来るのではないだろうか?

酒に対して少しでも、「ヤバさ」を感じたら
断酒に踏み切った方がいいだろう

酒の無い人生は素晴らしい!

本当にそうだから、何度も何度も
同じような事を書いているのだ

この実感、先取りできないのがもどかしい

この感覚を先に知ることができれば
おそらく全てのアル中は断酒に成功するだろう

この素晴らしさは、時間の経過と共に深まっていくのだ

酒が「ヤバい」と感じているアナタ

思い切って断酒されてはいかがだろう

絶対に人生、良くなる!と断言できる

人生を本当に大切にしたいなら、酒など不要である

今日も1日断酒で

いい1日を!

↓↓ありがとうございます!いつも「ポチ」って押していただきまして!↓↓
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村


断酒に不安はいらない! [断酒]

858ba7bff021bba29336837f50a07226_s.jpg

酒を止め始めた頃

「絶対に飲まない!」とは決めていたが

飲まない生活など、未知の世界だ

「どんな事が待ち受けているのだろう・・・」

知らない世界への恐れが悩みであった・・・

未知の世界

2回目の入院中に、断酒に対して
完全な決意を固めることができた

何が何でも、酒を止める!という
不退転の決意であった

だから、退院してから
幸い、ほとんど飲酒欲求は無かった

しかし、断酒生活を送る上で不安はあった

一度は自分なりに断酒していた経験がある
なので、酒の無い生活は少しは理解していた

ただ、専門外来での教育プログラムや
たくさんの仲間の体験談を聴いていると
だんだん不安が募ってくる

「気がついたら自販機の前に立っていた

そんな方もいるのです」

「なんとなく飲んでしまった・・・」

そんな話を聴くと、決意は固いものの
大いに不安になったものだ

しかし、今、そのような不安を持っている方がいれば
ハッキリと断言できるが

そのような不安を持つ必要は無い!

飲まない!と決めているのならば
絶対に大丈夫だと確信している

これは自分の経験で分かった

脳に深刻な障害を持つ仲間なら
「気がつけば・・・」の状況は
考えられるかも知れない

しかし、飲むときは、
みんな「確信犯」で飲む

だから、「飲んでしまうのでは?」
という不安は不要だ

アル中はアル中にしか治せない

専門外来で、教育を担当しているワーカーさんは
ほとんどが健常者だと思う

なので、多くの患者と接してはいるが
自分が酒と闘った経験がないので
イタズラに不安をあおる発言が多い

先に挙げた「気がついたら・・・」など
ほとんど存在しないレアケースを話すことは
不安を呼び起こすだけだ

悪気はないだろうし、
一生懸命に仕事をしているのは理解できるが
今から思うと「分かってない」と思う

このブログの掲示板によく書き込んでくださる
女将さんの書き込みで専門医のトンデモ発言を知った

「全てのアル中は一生、飲酒欲求が消えない!

飲酒欲求が無いと言ってるのは、強がってるだけ!」

バカなことを言うな、と言いたい!

私という実例がいるし、
他にも多くのベテランのアル中は
飲酒欲求など無い

たくさんのベテランの仲間と
直接話しているので間違いは無い

この専門医には「自助Gへ行ってナマの声を聴け!」と
アドバイスしたいトコロだ(笑)

専門医ですら、アル中の実態を良く知らないのだ

ワーカーさんがアル中の本質など分からないのも
仕方がないのかもしれない

「アル中は、アル中にしか治せん、

ちゅうこっちゃ・・・」

べテランの仲間がしみじみと
こう語ったが実に共感できる

ちなみに優秀な専門医も数多く存在する
すべての医師がそうではないので、念のため(笑)


思うに、先の見えない道は不安を持つモノだ

繰り返すが「絶対に飲まない!」と
決めているならば、不安を持つ必要は無い

今、飲酒欲求に悩まされていても
そのうちに消えてなくなるだろう

しかし、飲酒欲求が無くならない仲間もいる

なぜ、このような違いが出てくるのか、
それは分からない

でも、飲酒欲求のある無しは
関係無いとも思える

欲求があろうが、無かろうが、
とるべき道は一つだけだ

すなわち、断酒あるのみ!

今日も1日断酒で

いい1日を!

↓↓ありがとうございます!いつも「ポチ」って押していただきまして!↓↓
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村


断酒記念日! [断酒]

33810b3b54a5e8f156a3280f0b7778fb_s.jpg

断酒を開始した日

その日は新たな門出を祝う日だ

「絶対に酒を止める!」

決意と覚悟を固めた日なので

断酒を本気で開始した者は

おそらく全員、断酒を開始した日を記憶しているだろう

断酒記念日

私の断酒記念日

それは2013年8月15日である

2回目の入院を退院した日で
その気になれば、いつでも酒を飲める環境だ

その日は記念すべき日でもあるので
断酒スタートの日とした

病院の扉を開き、クマゼミがやかましく鳴いている
うだるような夏の暑い日であった

病院からの下り坂、
バス亭までの道のりを
今でも鮮明に覚えている

「絶対に断酒してやる!」

燃えるような気合であった

「絶対に酒を止めて、人生をやり直すのだ!」

本気そのもので、今から思うに
最初の決意が本気そのものだったから

その後の断酒がスムーズだったようだ・・・

断酒環境の大切さ

私は幸い、2回目の退院から今まで
一滴の酒も口にした事はない

おかげさまで、スリップをすることなく
順調に断酒の道を歩み続けることができている

「本気の決意と断酒環境」

この2つが揃っていたから
安定して断酒が続けられているように思う

なぜ、酒が止まらないのか?

その理由を知るためには知識が必要である

酒をコントロールすることができない理由を
アルコール専門外来で教わることができた

専門外来は医師によるクスリの処方を
受ける事ができるのも大きな利点だが

依存症の克服には、知識の習得の方が大切だ

そして、実際に同じ悩みを抱える
仲間の存在も大きい

もしも、一人だけで断酒をしていて
何度も失敗を繰り返すようなら

一度、勇気を持って、アルコール専門外来の
門を叩いて見ては如何だろう

あるいは、AAや断酒会に行ってみるのも良いと思う

そして、何よりも大切な「決意」
「絶対に酒を止めるのだ!」と決めるのだ

そして、その日を大切にして
一日一日、断酒の日々を積み重ねるのだ

そうすると、いつの間にか
酒と自分が大きく離れて行くことに気がつく

私の場合は、断酒1年で大きな自信になった

多くの仲間も、1年は大きいと語る

断酒記念日を大切にして
何が何でも、最初の1年は

全力で乗り越えて頂きたい!

断酒3年3ヶ月が過ぎたから言える

断酒を続けて本当に良かった!

これは真実である

断酒の未来は明るい!

今日も1日断酒で

いい1日を!

↓↓ありがとうございます!いつも「ポチ」って押していただきまして!↓↓
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村