So-net無料ブログ作成

「憑き物が落ちる」とは? [断酒]

c6da95a149d35e9ce47315fcf5e7935f_s.jpg

酒に対する執着から、ある日、
突然、開放された感じになる

この経験をすると、その日を境に
酒を飲みたい、とは感じなくなるようだ

その感覚を、「憑き物が落ちる」と
表現する仲間が多い

その感覚が来た後は、今までの
酒に対する思い入れは何だったの?と驚くほどである

私の場合は、「憑き物が落ちる」という感覚は
2回めの一般病院に入院しているときに訪れた

日付は覚えていないが、「自分は一生飲めない」と
いう感覚が突然やってきたのだ

それは、「全身」で理解できたという感じだった

絶対に、どんな事があっても飲むことは不可能

それが、私にとっての「真理」と分かったのだ

だから、私の場合は飲酒欲求に悩まされた、
という事がほとんど無かった

「もしかしたら飲んでしまうのでは?」

「この先、ずっと断酒できるのだろうか?」

など、断酒を開始した頃は、断酒生活という
未知の世界に対する不安が大きかった

だが、これらの不安も日々、
淡々と過ごす内に自然と無くなった

今は、断酒に関しては、
完全な安定を感じている

しかし、日々の難しい事が無くなるわけではない

その点は飲酒していた時と変わらないが
今の方が問題を正面から受けとめて対応できているように思う

この辺りを考えても、
断酒して本当に良かったと感じている

今日も一日断酒で

いい一日を!
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0