So-net無料ブログ作成
検索選択

なぜ酒を止めなければならないのか? [断酒]

459828a247a56306ab1e74bb4dd8bcba_s.jpg

断酒は、継続できる方法なら
どんな手段でも構わないと思う

アル中の治療は「断酒のみ」

これだけだ

実にシンプルなのだ

ただ、酒というシロモノは、
かなり強力な麻薬である

だから、止め続けるのが非常に厄介ではある

なんせ、ヘロインや覚醒剤よりも薬物としての機能は
アルコールの方が強力、という研究成果も発表されている

コイツが「合法」なのである

どこでも、どれだけ飲んでも
世間的には許されている(ある程度は)

このような面もあるので、
止め続けるのが難しいのだろうと思う

しかし、酒を止めるのは自分次第だ
だから、カンタンだ、とも言える

そして、なぜ自分は、酒止めなければならないのか?と
いう答えを自分自身で持つ必要がある

その答えは、自分が心底納得する必要があるだろう

上辺の教わった知識だけでは、
酒を止め続けるのは難しいように思う

なぜ酒を止めなければならないのか?

ここの理解の深さが、断酒の安定と
快適さに繋がるように思う

今日も一日断酒で

いい一日を!
nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 4

きき

マッキーさん

こんにちは。
私は、飲酒が酷くなってきた頃は、生きる目的もなく何の為に生きているのか?
そんな事ばかり考えていました。いっそ、早く死にたいとか。うつでした。

今、人生の三期に入り長くて短い「余命」=余裕をもって残された時間を豊かに過ごすには、断酒しかありません。
限られた時間を意識することでいろいろとしなければいけないこと、したいことが増えました。

断酒は、私の第三の人生のスタートです。最近そう考えるようになってから気持ちが楽になりました。

若い方が、沢山断酒を決心されて本当に良かったと思っています。
by きき (2017-04-03 15:46) 

天満食堂

マッキーさん

こんばんわ。
現在、午後9時30分。こんな時間に素面で過ごしていることは、2カ月半前まではあり得ないことでした。

特にそれまでの数年間は連続飲酒状態となり、その日のイヤな出来事、都合の良くないことは酩酊することで、先送りにしてきました。
そして今、そのツケが回ってきたようです。

改めて素面で周りを見渡してみると、仕事の同僚たちは私と少し距離を置いていると感じます。最終期に荒れ狂ってしまったことで、みんな引いてしまったのかな・・・。

よほどの事をしていない限り、人間関係は時間が修正してくれると信じて、日々を過ごしています。
幸いにも、仕事の同僚たち以外には迷惑をかけていなかったことは救いです。

これから素面の年月を重ねていけば、飲酒時代と同じ年月を取り戻せるのは平均寿命の頃かな(笑)
by 天満食堂 (2017-04-03 21:57) 

マッキー

キキさん

おはようございます。

断酒、は本当に新しい生き方です。
正に、第2、第3の人生を開始すると言えますよね。
by マッキー (2017-04-04 09:08) 

マッキー

天満食堂さん

おはようございます

私も、取り戻すことができない人間関係があります。
残念ですが、失ってしまった信頼を取り戻すことは困難と感じています。

けれど、断酒して飲んでいた頃のような
行動や言動はもう絶対にしないでしょう。

だから、時間はかかるかも知れませんが、
少しづついろんな回復をしていきたいと思っています。


by マッキー (2017-04-04 09:13) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0