So-net無料ブログ作成

アル中は「進行性の病」の誤解! [断酒]

b903b58339371cb0b75247cf2f0b5cb2_s.jpg

アルコール依存症は「進行性の病」だ

誰でも、急にアル中になるわけではない

酒との関わりが深まって行く段階を経て、アル中になるのだ

アル中の進行プロセス

アルコール依存症の進行について
非常に分かりやすく解説している
サイトがあるので紹介しよう


アルコール依存症の進行プロセス

アルコール依存症は飲んだその日に
発症することはありません。

習慣的に飲酒しているうちに、
いつしか進行していく病気です。


どの段階からも回復は可能ですが、
早期に治療すれば回復も容易です。

また、多くの酒飲みが
依存症との境界線にいます。

この段階なら、飲み方を変えて
Uターンすることが可能です。


スタート地点 習慣飲酒が始まる。

機会あるごとに飲む。

酒に強くなり(耐性の形成)、
酒量が増加する。

気分の高揚を求めて飲む。


依存症との境界線 精神依存の形成

ほとんど毎日飲む。

酒がないと物足りなく感じる。

緊張をほぐすのに酒を必要とする。

酒量が増え、ほろ酔い程度では飲んだ気がしない。

ブラックアウト(記憶の欠落)が起きる。

生活の中で、飲むことが次第に優先になる。


依存症初期 身体依存の形成

酒が切れてくると、寝汗・微熱・悪寒・下痢・不眠などの

軽い離脱症状が出現し始めるが、

自覚しないことが多い(風邪や体調不良と思う)。

飲む時間が待ちきれず、おちつかない。イライラする。

健康診断で酒量を少なめに申告する。

家族が酒をひかえるよう注意し始める。

酒が原因の問題(病気やケガ、遅刻や欠勤、

不注意や判断ミス、飲酒運転検挙など)が起きはじめ、節酒を試みる。


依存症中期 トラブルが表面化

二日酔いの朝の軽い手のふるえや恐怖感など、

酒が切れると出る離脱症状を治すために、

迎え酒をするようになる。

酒が原因の問題(病気やケガ、遅刻や欠勤、

不注意や判断ミス、飲酒運転での検挙など)が繰り返される。

家庭内のトラブルが多くなる。

自分の酒に後ろめたさを感じ、攻撃的になる。

飲むためにウソをついたり隠れ飲みをしたりする。

職場では、上司からの注意・警告が始まる。


依存症後期 人生の破綻

コントロールしてうまく飲もうとするが、失敗する。

一人酒を好むようになる。

食事をきちんととらない。

アルコールが切れると

うつ状態や不安におそわれるため、

自分を保つために飲まざるをえない。

連続飲酒発作、幻覚(離脱症状)、

肝臓その他の疾患の悪化により、

仕事や日常生活が困難になる。

家族や仕事、社会的信用を失い、

最後は死に至る。

出典:ASK 特定非営利活動法人アスクHPより http://www.ask.or.jp/shinkoprocess.html


非常に分かりやすく
良くまとめられているように思う

みなさんは、どの段階にいるのだろう

あるいは、どの段階まで進行しただろう

ちなみに私は、「依存症後期」まで進行した(笑)

一人で飲む事を好んでいたし
連続飲酒であり、幻覚もあった

いまでは笑い事で済ますことができるが
本当にあのまま飲んでいたら
確実に早死にしていたと思う

そのことは確信を持って断言できる

人間は死期を感じる事ができるのだ

私は飲んでいて、「このままだったら死ぬなぁ・・・」
そのようにハッキリと感じた

進行性の意味の誤解

このように、アルコール依存症は
進行性の病であることは事実だ

しかし、進行性は
「酒を飲む限り」という前提がつく

あくまでも進行し続けるのは
飲酒を続ける場合だけだ

酒を飲み続けると、心身ともに衰弱して
やがては早い死を迎えることになる

しかし、酒を完全に止めると、
当然ながら進行を止めることができる

この点、ハッキリと「進行が止まる」と
言い切る医師は少ないように思う

私が知る限り、進行は止まると
断言した医師は一人だけだ

酒を止めることで
脳の海馬が回復をする事例があることを
専門外来の教育プログラムの講義で聴いたのだ

だから、「進行性の病」といっても
酒を止めれば何の問題も無いのだ

だから、安心して頂きたいものだ

そして、現役のアル中である
自分の経験でも、「進行は止まる!」と断言できる

カラダの方は筋トレのおかげで
かなりのマッチョ体型になった

これで、カラダの方は
いい方に進化できる、と証明できるだろう

脳の方も、飲んでいた時に比べて
判断力が冴えている感覚がある

記憶の方も衰えるどころか
より良くなっているのを感じる

AAのイングリッシュミーティングに
参加するために、かなりの英単語を覚えたが
覚えた単語は今も記憶に定着している

なので、脳の方も進化している事が実感できている

酒を止めることで、人生は良化する

あらゆる面でそうだ

そのことは自分の経験から断言できる!

やはり断酒は素晴らしいのだ

「断酒は裏切らない」のだ!

だから、今日も1日断酒で

いい1日を!

↓↓ありがとうございます!いつも「ポチ」って押していただきまして!↓↓
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村


nice!(0)  コメント(6)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 6

NoSake

マッキーさん

私は中期~後期の境目でした(;^_^A

この解説文章、本当に”たいへんよくできました!”ですね。

「進行性の病」であることはある意味で正しい、それはマッキーさんが
言われる「断酒すれば治る」の断酒が困難だからです(-_-;)

飲まないアル中、完治しない病って、「自戒の念を込めて」使ってるよう
に私は認識してます。10年一滴も飲まず断酒を継続したら、その生きる
姿勢も含めて"完治"かなと思います。

断酒のやり方は人ぞれぞれ、自分に合ったやり方を見つけることが
重要だと思います。

私はなぜ断酒(飲まないか)"した"のか、私の人生に酒とアル中は
"無用の長物"だとわかった(悟った?)からです(^.^)
by NoSake (2016-11-27 10:08) 

あっちゃん

断酒すれば進行は止まる

なんて潔くて胸のすく記事なんでしょう

マッキーさんのブログ読んで救われてる人多いと思います!
私もその一人です

いつもありがとうございます
あざーす!あざーすあざーす

と感謝が止まらないので叫ばしていただきました。

私もいづれ、マッキーさんのように、いい影響をあたえる人になりたいー

とでっかいこといいましたが、
まずは自分のことを地味に頑張ります[←]ちっちぇー
by あっちゃん (2016-11-27 10:21) 

マッキー

NoSakeさん

>私は中期~後期の境目でした(;^_^A

危なかったですね・・・お互いに(笑)

本当に、ちょっとでも「ヤバい」と感じたら、
直ちに酒を断てればいいのですが、自分の経験で
非常に難しいことも分かってます。

酒にしがみついている限り、断酒の決意をすることは不可能です。

ダメージが軽いうちに断酒ができるのが一番ですね。


by マッキー (2016-11-27 12:54) 

マッキー

あっちゃん

いつも、応援コメントをありがとう!

あっちゃんもブログ始めてみたらいいんじゃない?
断酒1年を記念して、開始ってめっちゃ良いと思う。(明日が1年やね!)

あっちゃんにしか書けないことってあるんだよね。
自分と酒の関係とか、いろんな事を考えることができるので
ブログを始めることは、本当にオススメ。

毎日書くって大変だから、軽い気持ちで始めたらいいと思う。

私の方は、なんだかんだで、毎日更新できてるけど、
のみすけさんの影響が大きいカナ。

断酒1年を記念して何か開始するのは断酒継続に役立つんだよね。
筋トレ開始は、断酒1年記念日。
おかげで良い感じで継続できてるかな。

ブログでも何でもいいから、何かに挑戦しましょう!
by マッキー (2016-11-27 13:06) 

女将

マッキーさん
先日は、心強い アドバイス ありがとうございました!!
マッキーさんの おっしゃる通り 不安の強い 私は、あの日も まだまだ 強い飲酒願望は、あったものも 恐怖心と不安で、飲酒は、しませんでした。
さすが マッキーさん 直接 お会いした事は、ないですが、私の事 見抜いてらっしゃると 感心致しました。
マッキーさんには、人を見抜く 才能が、長けてらっしゃるなと 思います。
今日のブログの内容の文献 私も読んだ事が、あります。
自分なりの 見解では、境界線 越え 依存症 初期だったような 気がします。
依存症の知識あり 境界線で 気づき 断酒していれば、もう少し 楽だったのかなと 思います。残念!
私も 受診させて 頂きましたが、マッキーさんの通院されている専門医さんは、依存症に詳しく お勉強させて 下さるのですね。
実は、そちらの医院で、頂いた 依存症マニュアル(?)冊子 私 見るのが、恐くて 読まないまま 処分してしまいました。
またまた 馬鹿野郎な私です。
でも たまに HP 見て 勉強しています。
書き込みながら 思い出したのですが… そう 言えば 院長先生に 離脱症状でたのだから 依存症!! 加療必要と 言われたの思い出しました。
断酒 2週間後に 休養していた仕事に どうしても 出勤しなくては、ならなくなり 朝から 不安で、いてもたっても いられず ソワソワしてしまい 病院に走っていき 待合室で、座る事も できず ウロウロして 落ち着く事が、出来なかった話しを したら
院長にアルコール離脱症状!!と 言われました。
依存症なのに お酒が、弱く 二日酔い 酩酊知らずの 私でしたが、それが、離脱症状ならば お酒での 一番 怖い体験だと思います。
自分で、おかしいな?と 思ったのは、朝昼に飲酒渇望が、三回でた事でした。
それで すぐに 専門医 受診しました。
受診後に勉強してから 気づいたのですが、お酒の飲める時間 ソワソワして待った事。
小瓶 2本のビールでは、物足りないなと 思った事(お酒 物足りないと 思ったのは、初めてでした。)
耐性が、でき 以前より お酒 強くなった事。お店でしたので、はっきり 量は、わかりませんが、小瓶ビール 5本は、以上飲めた日も ありました。
昔なら もし それだけ 飲んだら 気分悪くて 嘔吐して フラフラになっていたと思います。
はっきり 言って ノンアルコールビールの方が たくさん 飲んでます(笑)
知らないって 怖いですね。
母親の事が、あってから 飲んで現実逃避したくて 酔いたくて 飲んでました。
でも、弱いから 二日酔いや酩酊迄 出来なかったので、しょうね。
そんな 酒量で、依存症になるのか?
凄く 疑問でしたが、色々 文献読み漁り 私なりの見解ですが、お酒弱い=お酒の脳内の感受性が、強い。強化感受性が、強い=短期間 少量の飲酒で、依存症。
だったと 思います。
何度も 言いますが、もう少し 依存症の知識が、あれば 境界線で、断酒に踏み切れたのに 悔しいなぁと 思います。
長く なりましたので、この辺りで、失礼致します。
また 通院後 コメントさせて下さい。
by 女将 (2016-11-28 01:37) 

マッキー

女将さん

> 悔しいなぁと 思います。

女将さんの苦しみの原因はここにあるのでしょう。

なぜ、「悔しい」のですか?
その感情を観ていくと、解決のヒントになると思います。

自分をいじめるのではなく、優しい視線で自分を「観て」ください。
by マッキー (2016-11-28 08:55) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0