So-net無料ブログ作成
検索選択

私のスリップ体験記! [スリップ]

a7f9583d344e76bba13e41a033452792_s.jpg

アルコール依存症になると

酒のコントロールができなくなる

この事実を聞いたことがある方もいるだろう

しかし、「酒のコントロールができない」とは

実際にどのような状態になるのか

経験しなければ分からないだろう・・・

初めての本格的な断酒挑戦

「もう、酒は止めだ!」

こう、強く決意したのは一度目の入院中だった

ひどい連続飲酒の果てに待ち受けていたのは
救急車で運ばれて、入院という結果だった

何度かこのブログで書いたが
私は、「食道静脈瘤破裂」という

非常に危険な病によって
緊急入院した経験がある

入院期間は二週間であった

その入院期間中に、
自分の生活態度を反省して
冒頭の決意に至ったのだ

しかし、不思議な事に、15年前に
一度、専門医からアル中診断
されていた事実を忘れていたのだ

もしこの事実を思い出すことができていたら
ひどいスリップ体験をする事も
なかったかもしれない

しかし、酒を止める決意は相当硬かったし
意欲に満ちていたように思う

「絶対に止めてやる!」

その気合は充分であった

そして、ひどい痛みを伴う経験のせいか
飲酒欲求もなく、断酒はスムーズであった

酒の無い生活は快適であり
酒から解放された安心感も出てきた

仕事の再開で節酒に挑戦

断酒を一人で始めて、
最初のスリップは元旦だった

「元旦の一日だけは飲もう!」

そのように決めていた

その元旦には、かなりの酒を痛飲した

最終的にはブラックアウトして
気がついたら友人宅で毛布に包まっていた

そして、ひどい二日酔いに襲われた

今でもハッキリ覚えているが、
強烈なウツ状態で
死にたい位に気分が落ち込んだ

「もう、やっぱり酒はアカンな・・・」

そのときはコントロール障害の事など知らない
しかし、本能的に「ヤバい」と気づいた

スリップは一日だけで
その後、順調に断酒する事ができた

新しい仕事も見つかり仕事もできるようになった

新しい仕事、職場にも慣れてきて
3ヶ月が過ぎた頃、断酒の方も8ヶ月過ぎた頃だ

「ちょっとぐらいなら大丈夫だろう」

酒を飲もうと思った

ほんの少しだけだ
痛い目に合うのは、もうコリゴリ
本格的な飲酒は絶対にしない!

「絶対に深酒しない!」

そう心に決めて、ビールを少しだけ飲む事にした

「500缶を2本だけ」
そう決めて、節酒に挑戦した

仕事が終わって飲む、久しぶりのビール
疲れを癒す、ほのかな酔いは心地よかった

毎日、飲むつもりはなかった

しかし、缶ビール2本だけだ
どうって事はない

そのように安心していたが
アルコール依存症の知識が
無いのは恐ろしいことだ

缶ビール2本だけ、と決めていたが
いつのまにか焼酎に切り替わっていた

缶ビール2本も飲んでいたが
それは、喉を潤すだけで
メインは焼酎だ

節酒に挑戦するハズだったのに
元の木阿弥になってしまった

元通りになる期間はだいたい
10日位だったように思う

最初は美味しく飲めていたのだ

久しぶりに飲む酒は、
ちょっとコワかったけど

「意外とコントロールできるな」
そのように勘違いをした

3日くらいは、多分普通に飲めたと思う

しかし、その後、「電源にスイッチが入る」ように
大量飲酒の状態に陥ってしまった

まさに「アル中脳」にスイッチが入ったのだ

本能的に飲酒渇望が起こった状態

もはや、酒をコントロールすることができず
最悪の状態に戻ってしまった

朝、目ざめたら一杯ひっかける習慣が戻ってしまい
仕事を続ける意欲は完全に「ぶっとんだ」

その後は、連続飲酒状態に戻ってしまった

仕事を休む日が続き、酒によって
せっかくの新しい仕事も失ってしまった

そして、人生で2回目の連続飲酒の地獄を
味わうことになるのであった・・・

「アルコール依存症は一生飲めない」

私は自分の体験で、強くこの事実を認識している

アルコール専門外来で教育系のプログラムを学ぶと
「これってオレのこと?」と感じる事ばかりだった

そして、なぜコントロール障害になるのか?
節酒ができないメカニズムも完全に理解した

体験と知識が完全にかみ合ったのだ

だから、私の断酒は安定しているのだと思う

しかし、私のように痛い経験をする必要は無い

ちょっとでも「ヤバい」と感じたら
すぐに断酒した方がいいのだ

ヤバいと感じている時点で、
実は、相当深刻に病状が進んでいる可能性があるのだ

しかし、私のように痛い目を
しなければ分からない人間もいる

この病気のやっかいなトコロはそこだ

酒なんて、飲まなければ、どうって事は無い

しかし長年の飲酒習慣で、
酒に「洗脳」されている

そこに気づけるかどうか?

一人でも多くの仲間に気づいて欲しいものだ

今日も1日断酒で

いい1日を!

↓↓ありがとうございます!いつも「ポチ」って押していただきまして!↓↓
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村


nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 4

NoSake

マッキーさん

> そう心に決めて、ビールを少しだけ飲む事にした

「500缶を2本だけ」
そう決めて、節酒に挑戦した

笑わしてもらいました(笑)
節酒(再飲酒)のスタート、少しだけがビール1リットルは、決して"少し"
ではないですが、アル中基準だと確かに少しですね(;^_^A

今日の記事を読んでも断酒できない人、しようと思わない問題飲酒者は、
行くところ(底付き)まで行かないと、断酒はできないように思いました。

私も最盛期は、昼夜関係ない(わからない)酔っ払い生活でした(-_-;)
う~ん、よく断酒できたと今になって思います。

その秘訣は、12月25日のオフ会で('ω')ノ
by NoSake (2016-11-17 12:09) 

マッキー

NoSakeさん

節酒にしては、確かに1Lは多すぎかもしれませんね(笑)

しかし、元の基準で考えたら充分に「節酒」と思えたのです。

12月25日は行くことができませんが、楽しんでくださいね!
by マッキー (2016-11-17 14:15) 

siva

貴方の文面・・・"酒の無い生活は快適であり
酒から解放された安心感も出てきた"

正に、その通りだと思います。

安心して眠って、安心して仕事に行きたい!

そんな退屈で、当たり前の日常に感謝できるようになりたいです!

by siva (2016-11-18 07:59) 

マッキー

sivaさん

おはようございます。

一日一日を大切にして、お互いに断酒を続けて行きましょう。

気がつけば、酒のことなど忘れているようになりますよ、きっと。

酒の無い日々は平穏です。安心感が違います。
by マッキー (2016-11-18 08:40) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。