So-net無料ブログ作成

自分の酒害を「掘り下げて」みよう! [断酒]

45e864b17f2ebd7c7bbaeede492be377_s.jpg

断酒を続けるためには理由が必要だ

どんな事でも、理由がなければ

行動し続ける意味を見出せず

何事も続かないモノだ・・・

断酒の原点を見つめる

日本のアルコール問題に関する自助Gは大きく分けて2つある
AAと断酒会だ(他にもあるかも知れない・・・)

AAへは2年半ほど通ったが、断酒会の方は
数えるほどしか行ったことがない

しかし、通院していた外来に、
断酒会の形式で行なわれるプログラムがあり
そこには定期的に参加していた

なので、断酒会の雰囲気も理解しているつもりだ

2つの違いをざっくりと説明すると

「ゆるい感じのAA」「体育会系の断酒会」

このような雰囲気と感じていただければ間違っていないと思う

断酒会では会の初めに「断酒の誓い」を皆で唱和する
断酒会のHPがあるので、紹介しよう


断酒の誓い

1. 私たちは酒に対して無力であり、自分ひとりの力だけではどうにもならなかったことを認めます。
1. 私たちは断酒例会に出席し、自分を率直に語ります。
1. 私たちは酒害体験を掘り起こし、過去の過ちを素直に認めます。
1. 私たちは自分を改革する努力をし、新しい人生を創ります。
1. 私たちは家族はもとより、迷惑をかけた人たちに償いをします。
1. 私たちは断酒の歓びを、酒害に悩む人たちに伝えます。

引用:公益社団法人 全日本断酒連盟



「酒に対して無力」

AAの12ステップでも、
一番最初にこのフレーズが出てくる

断酒会は、AAを参考にして結成されたそうだ

だから「断酒の誓い」も12ステップに
近いニュアンスを感じる部分が多い

とりわけ最初の「酒に対して無力」の部分

ここは、まさに酒を止め続けていく
「原点」のように思える

酒に対して無力

「酒に対して無力」

アル中は、酒を完全にコントロールできない
節酒は不可能、だから酒を止め続けなければならない

酒が止まらないのは、脳に障害があるからだが
「酒に対して無力」という言葉は
この短いフレーズでアルコール依存症の
本質を、ズバリと言い表している

そして、それに続く「酒害体験の掘り起こし」は
断酒会固有のフレーズである

人間は忘れやすい生き物だ

かつての酷かった体験も3年以上も経過すると
だんだんと色褪せてくる

だから、定期的に「酒害を掘り起こす」ことで
記憶をいきいきとした状態に保つことができる

そのような考えがあってのことだと推察する

「酒害を掘り起こす」ことで
自分の断酒の「原点」を振り返ることができる

「なぜ、自分は断酒をしなければならないのか?」

自分の痛い体験を思い出すのは
辛いこともあるかも知れない

しかし、記憶を風化させないことは
断酒継続には必要なことだと思う

よりよい人生、生き方をしていく上で断酒は欠かせない

ときには自分の「酒害体験を掘り起こす」ことを
されてみてはいかがだろう?

今日も1日断酒で

いい1日を!

↓↓ありがとうございます!いつも「ポチ」って押していただきまして!↓↓
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村


nice!(0)  コメント(10)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 10

siva

おっしゃる通り、記憶の風化が問題なのです。

今日で6日目ですが・・・・今は良いとしましょう。

でも20日目は? 30日目は?

年末・年始に飲まないで過ごすのは覚えている限りでは経験がありません。

きっと、ここまで頑張ったならば正月くらいと思うかもしれません。

今から明日の事を不安に思う必要はないのですが・・・・悩みは尽きませんorz
by siva (2016-11-05 08:41) 

NoSake

マッキーさん

今朝は更新早いですね~。よしよしヾ(・ω・`)

断酒の誓い、よく目にしますが、

1. 私たちは酒に対して無力であり、自分ひとりの力だけではどうにもならなかったことを認めます。

私がAAと断酒会に各一回参加して感じた違和感(私には合わない)は、
"受け身"であるということでした。

確かに"酒に無力でひとりでは断酒できない"ですが、いつかひとり立ちしないと、生涯AAや断酒会"依存症"になってしまいそうです(笑)

実際に参加者の多くが長年参加してる、断酒ブロガーの中にも、"毎日"AAや断酒会に参加していた方もいるようで、断酒が目的ならこれもありですが、断酒は手段ですから、目的達成の為に依存からの"自立"が大事だと思います。

決してAAや断酒会を批判してるのではなく、有効な手段のひとつですが、
これに依存してしまったら、断酒はしても別の依存症になります(笑)

どうでしょうか、半年から一年通ったら、卒業してもいい頃合いかもしれませんね。

アル中が軽症だったのか、あるいは断酒エリートなのか、酒への未練は
ないNoSakeです。25年前に禁煙したタバコと同じ感覚を酒にも感じて
ますが、たまに飲んだら連続飲酒に戻るのでしょうか??

by NoSake (2016-11-05 08:56) 

マッキー

sivaさん

おっしゃる通り、年末年始は「魔の」時期だと思います(笑)

ここをいかにして乗り越えるか、最初の試練かも知れません・・・
時期が近づいてきたら、この話題にも触れたいと思っています。

でも、今は1日1日に集中された方が良いと思います。
身体の調子が、どんどん良くなることを実感されておられると思います。

この体調の良さも、断酒の良い事の一つです。
他にも、断酒のメリットは数多くあります。

そんな断酒のメリットを考えること、味わうことも大事な事だと思います。
by マッキー (2016-11-05 09:57) 

マッキー

NoSakeさん

自助Gへ通いつづけることが、ある種の「依存」ではないか、
というご指摘ですね?

確かにそうかもしれませんが、酒を飲むよりは良いと思います。
酒を飲む位なら、自助Gへの依存の方がよっぽど良いと考えます。

断酒は続けていくだけで価値があります。
心身、それから経済面、あらゆることが好転します。

断酒はそれ自体を「目的」にしても構わないかもしれません。
それだけの価値はあると思います。

>たまに飲んだら連続飲酒に戻るのでしょうか??

私の場合ですが、タバコは、「もらいタバコ」で済ますことができます。
しかし、酒はムリでした。

おそらく依存物質としての「強力」さの質が違い過ぎるように思います。
一度目の一人断酒で失敗した経験で、それを痛感しています。

節酒は不可能、と悟ることができたので失敗は良い学びになりました。

NoSakeさんが「実験」したい気持ちは、非常に良く理解できますが
数多くの仲間が失敗しています。

「たまに飲むこともできない」からアル中なのです。

試すことをオススメしませんが、そこから学ぶことはあるでしょう。

でも、そもそも、それが成功するなら、断酒の必要などないのです・・・。




by マッキー (2016-11-05 10:13) 

siva

マッキーさん
アドバイスありがとうございます。
年末年始は、将来の話なんですが・・今から気になって、気を揉んでいます。

それは、私が依存症だからです。

おっしゃるとおり、先の事は考えずに、今だけに集中します。
今だけに集中する・・・、この精神は万里一空の境地のごとく、この世の法則に通じるものかもしれません!
やってみます!
by siva (2016-11-05 12:31) 

マッキー

sivaさん

「今、ここ」の考え方は、どんな分野にも応用が効くと思います。

生きていること、そのものが「瞬間」の連続です。
今、書いている、この文章も、書いた瞬間に過去になり
あっと云う間に時間は過ぎ去ります。

酒に関することも、「瞬間」をいかに「凌ぐか」が
分かれ目になると感じています。

欲求が起こったままにしておくと、それは成長します。
育つ前に、手を打つのです。

それは、何でもいいのです。

炭酸を飲む、おいしいモノを食べる、などなど、
とにかく行動が重要です。

意識を酒以外に振り向ける、これがポイントなのだと考えます。

by マッキー (2016-11-05 18:06) 

みさと

こんばんは。
酒害体験を掘り下げる、断酒を続ける上で大事だなって最近感じています。
いつも酒をやめて3日位で体調が回復してきて、ちょっとだけ♬と飲んで、また連続飲酒に至る、、の繰り返し。
あんなにしんどい思いをしたから断酒に踏み切ったのに、3日で忘れる(ーー;)
今回なんとか続いてるのは、ブログで酒害体験を毎日振り返ってるからかなと思います。
マッキーさんや他の方の断酒ブログの力も大きいです。
年末年始の飲み会ラッシュ、酒の誘惑に負けないようにしていきたいですね。
by みさと (2016-11-05 20:51) 

マッキー

みさとさん

酒の止め方は、人それぞれです。
このブログや、他の方のブログも参考にしてみてください。

なかでも、のみすけさんのブログは特にオススメです(すでにご存知かな?)

http://nomisuke.hatenadiary.jp/

私は、この方の影響を受けてブログを開設しました。

断酒の素晴らしさを、自分の視点で世間に伝えたい!と思ったからです。

断酒は素晴らしい!です。
本当に、そうです。

だから、決して諦めないでくださいね!
by マッキー (2016-11-05 21:11) 

NoSake

マッキーさん

今朝の更新が遅いので、こちらにコメントします(笑)

> 酒を飲む位なら、自助Gへの依存の方がよっぽど良いと考えます。

御意 !

どちらかなら間違いなく"こちら"ですが、酒から解放されたら、更に進めてAAや断酒会からも離れて断酒できるといいですね。

のど元過ぎれば熱さ忘れる -> 断酒し過ぎて酒を忘れる

なかなかそんな心境にはなれないようですが、私は最近BARに行って

ソルティドッグのウォッカ抜き

を飲みました(笑)
by NoSake (2016-11-06 09:10) 

マッキー

NoSakeさん

おはようございます。

人間は忘れやすい生き物です。
一人だけの断酒ですと、記憶が風化する可能性があります。

私の場合は、のみすけさんのブログ、そしてこのブログを書くことで
断酒環境が整えられています。

しかし、それらの手段を持たない仲間の方が多いと思います。

だから、自助Gに「依存」しても良いと思います!

安心感がある、仲間がいる、それらは強力な武器です。

なので、人それぞれです。

自分に「しっくり」する方法が一番ですね!

by マッキー (2016-11-06 09:31) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0